RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
お手軽お料理「1人IHクッキングヒーター」

お手軽お料理「1人IHクッキングヒーター」

 この季節になるとやはり鍋ですよね。寄せ鍋、ちり鍋、ちゃんこに闇鍋、って、とにかく寒くなると恋しくなるのがお鍋です。

 これで一杯やり始めますとダラダラ飲んでしまいますね。これは一人二人用ですから手頃でつかいやすそうですし、IHなので火を使わずしかも自動で電源オフになる優れものです。

 はじめ、わたしIH(あいエッチ)と読まずに(いちエッチ)つまり一人エッチって読んでしまいましたよ。いかんいかん下ネタになってしまう。愛エッチというのも意味深だなあ〜 失礼しました。


 コタツで鍋をつつきながら、お酒するのに最適なグッズかもしれませんね。

 


 できたら一人で焼肉鍋なんていうのも欲しいところですが、これは我が家ではだめです。
嫁さんが『メタボ親父が一人で焼肉したらコレステロール増加させるだけ』ってうるさいですからね。


 
author:酒呑仙人見習, category:酒の肴, 00:23
comments(0), trackbacks(0)
「いぶりがっこ」にハマる
  みなさん 「いぶりがっこ」ってご存知ですか? 秋田出身の方なら・・・・・
 そう、知らない人はいませんね。

  秋田では、「きりたんぽ」や「比内地鶏」、「とんぶり」などと並んで有名なのだ
 そうですが。実はお漬け物の名前です。燻した沢庵漬けといった方がわかりよいかも
 しれません。

  そんな秋田の名物を物産展で仕入れてまいりまして、八海山の肴にしてしまおうと
 いうのであります。この組み合せは最高に相性がいいのであります。鬼嫁との相性の
 数万倍はよいのであります。

  酒の肴に、お漬け物は定番でありますが、私は必ず、きゅうり、なす、大根の三種が
 そろっていなければ不機嫌になってしまうくらいこだわりがあります。三種の神器なら
 ぬ、漬物の三種の仁義であります。

  大根は、天日に乾して、三杯酢に漬けたようなハリハリ漬けから、京都の柚子大根や
 聖護院大根のお漬け物もすきなのですが、この「いぶりがっこ」は口の中で別世界が
 広がる気がいたします。

  においは燻製ですから、食べない人間からすると臭いようで、これで一杯やるときは
 奥方や娘はいずこかへと姿をくらましてしまうのがお決まりなのでありますがね。晩酌
 の友としてはぜひ一品に加えたい代物です。


  



 
JUGEMテーマ:地域/ローカル


author:酒呑仙人見習, category:酒の肴, 13:39
comments(0), trackbacks(0)
東北の親戚からありがたく頂戴しました。
 仙台に住む家内の親戚からお歳暮をいただきました。皆さん、何だと思います。それは
なめた鰈(なめたかれい)」です。この「なめたかれい」は仙台ではお正月の必需品らしく、年末には相当値段が高くなるそうです。

 しかし、この鰈は立派だ。優に1kgは超えている。焼くか? 煮るか?
「なめたがれい」はやっぱり煮魚です。この煮るという調理においては天下一品のなめた鰈、煮魚の王様っていう感じです。

 一晩寝かせてにこごりだけでも酒の肴になる。処理はきちんとしないと水っぽくなるのでご注意です。塩分がぬければ大丈夫です。

 でも私は、今回はエンガワをそぎ落とし刺身にできるかなと考えているのであります。冷凍技術の進化は、鮮度もそのまま運んでくれる。なめたのエンガワの旨さはこたえられない。口に含んだなかに脂がとろっと溶け出して甘みが広がる。

 なめたかれいは寿司でもいける。どこの鮨屋で食べたかは記憶から飛んでいるのだけど、なめたのエンガワだったので、たぶん岩手県か宮城県で食べたのだろう。ただそのときはフカヒレのにぎりに気をとられていたように思う。

 ところで、なめた鰈はババカレイのことですよ。「おいらん」とも呼ばれています。
まあ、あちきは「ババ」よりは「花魁(おいらん)」のほうがいいよなあ〜

 
JUGEMテーマ:グルメ


author:酒呑仙人見習, category:酒の肴, 10:28
comments(0), trackbacks(0)
なんとなくまったりとしたいときはエビ三昧
 馴染みの店でもう一杯入ってしまいました。早めのご帰還だったんですが、まだまだ夜はこれから、チビチビやりたいものです。

 冷蔵庫を漁ると冷凍されたエビがたくさんありました。これで酒の肴にしようかな。簡単に肴にするには、焼肉用の和風タレで照り焼き風に仕上げて上から山椒をぱらぱらかけるだけ、一緒にソテーしたアスパラを添えて、ハイ一品出来上がりというわけです。

 おっと、車えびもあるではないですか。これは揚げ物で海老フライにしよ。どんな海老でも私は大好物。皆さんもそうでしょ。日本人は海老が好きです。ハワイでランチに食べたシュリンプは山盛りで食べきれないくらいなのに安かった思い出がありますよ。

 二十年前、台湾で「エビ田」を見たことがありました。ブラックタイガーを養殖してるんだとは聞きましたが本当に田圃のようになっているのには感心しました。田圃の中にエビがいるんです。ちょっとビックリです。

 そのほとんどは日本に輸出していたらしいです。ブラックタイガーや車エビのようなものは養殖もできるようですが、伊勢エビのようなものは養殖できないのかしら? 今度調べてみたいですね。

 でもこの海老養殖、タイあたりでは環境破壊につながる公害だと聞いています。日本人の海老好きも罪な話です。さりとて海老は食べたいしね。


 
 
JUGEMテーマ:グルメ


author:酒呑仙人見習, category:酒の肴, 18:36
comments(0), trackbacks(0)
酒のつまみは魚にかぎる―新・日本酒の愉しみ
 料理本でも日本酒にこだわった本です。酒店の店主が選んだ日本酒100というのも気になりますよね。まだ飲んでいない銘酒探しには最適な本です。(^^♪

 素人でもできる酒のつまみや肴を100というのもいいですね。ここのところ、肴がワンパターンになっていますから、参考にさせて頂きましょう。

 私は料理本が大好きです。

 だいたいパンや肉料理が多いんですね。ワイン関連の書物なんかも昔ブームがあったせいか多いですよね。でも意外とというか着実にというか、日本酒の本も出版されているということは根強い日本酒ファンの同士がいるということで心強くなります。







JUGEMテーマ:グルメ


author:酒呑仙人見習, category:酒の肴, 16:28
comments(0), trackbacks(0)
モルモン・ホルモン・ホルモン・モルモン
 本日早朝、外国人の訪問客、久しぶりだな〜と思って「ハロー」って玄関に出てみると見かけないお方、聞くと伝道者の方でございました。こうした場合「早く帰れ、バカヤロー」なんて対応はしないのであります。

 私としては、どんな宗教の伝道者の方も『神のお使い』と思っておりますので、心の中で手を合わせ、「どんなご用でございますか?」とお尋ねするのであります。モルモン教の経典は一応読んだことがありますもので、ご趣旨はわかっておるのでありますよ。

 七年くらい前、ユタ州ソルトレークに数ケ月いたことがありました。ユタ州はモルモン教の皆さん。たくさんいらっしゃいますよね。しかもソルトレークは寒いんで、私は酔わなきゃいられない。(外国でも晩酌は欠かさないのだ。)

 ところがですよ。お酒を飲むところ・・すなわちバーなんですが少な〜い

 やっぱり、モルモン教徒多いですからね。しかも彼らはコーヒーだって駄目だっていうじゃないですか。私、つくづく外国人で良かったって感じです。そんなわけですから、モルモン教とイスラム教は一生縁がないなと思っていたんですが・・

 神様はこの善人なる酔っぱらいにも愛を届けてくださるんですね〜(さすがや)
これはきっと、『モルモン教でも酒が解禁になったお知らせ』と思ってしまったんです。

 それで、恐れ多くも、坊主頭にし、白のワイシャツ姿にネクタイの純朴な白人青年に向かって、神様のありがた〜いメッセージをいただきたく

 「モルモンはん、酒もタバコも解禁しはったんですか? ついでにコーヒーと自由恋愛も許可してくれまへん? どないだ」と言いますと

 「・・・・・」

 まだ許可でてないそうなんですわ。残念です。

 これ許可するだけで、信者相当増えまっせ。私の知ってる酒飲みたちなんか皆イチコロですよ。うまい酒飲ませて「信者になる?」なんて言ったら。「なるなる。うまい酒飲ませてくれるなら、悪魔にでも魂うりまっせ〜」なんてごろごろおる。

 神様も営業方針変えたほうがいいような気がするんですが・・・・

 まあ、ともかく朝からホルモン教が来るということは・・・失敬、モルモン教というのは一つの啓示でありますよ。何かの。

 こいつは絶対にホルモン焼きに直行せよという。ありがた〜いご託宣なのだあああ〜
 (この話は続けたい)



 









JUGEMテーマ:グルメ


author:酒呑仙人見習, category:酒の肴, 11:25
comments(0), trackbacks(0)
食通にはたまりません。カラスミといえば台湾
 食通なら誰でも知ってるカラスミ、それも産地が台湾とくれば極上品です。これは肴にはもってこいですが、パスタにからめて食べてもおいしいですよね。普通なら買えないお値段ででていますよ。

 ちょっとはチェックしてもいいかも・・

 まだ食したことがないという皆さんは是非この機会に試されてはどうでしょう。話の種にもなりますから、でもこれはかなりねっとりして忘れられなくなる味になるんですよね。この時期旬かどうかは真空パック技術でほぼ問題ありません。

 台湾では「烏魚子」という名前で売られてますが、値段は日本と変わらなかったと記憶しています。台湾でも高級食材であることは間違いありませんね。

 さてこのカラスミの食べ方ですが、私は軽く炙ってスライス、万能ネギを添えて食べるとこれが旨いの旨くないのって・・・ウマイです。濃厚さはまさに海のチーズです。

 


【究極の珍味を衝撃プライス!】本場台湾産 カラスミ 


author:酒呑仙人見習, category:酒の肴, 08:25
comments(0), trackbacks(0)
「おとうふかまぼこ」って知ってます?
 女房殿の実家から「おとうふかまぼこ」なるものをいただきました。残念ながらこの「おとうふかまぼこ」なるものは初めての経験です。「お豆腐?」「かまぼこ?」ちょっと迷ってしまいますが、このコラボは楽しそうです。



笹かま・おとうふかまぼこ詰合せ

 そのまま食べてもいい感じです。硬さはお豆腐よりあって、もちもちした感覚です。ハンペンを想像すればいいかもしれません。お味もマイルドで豆腐よりはかまぼこかなということです。この食材けっこう好きになれそうです。

 酒の肴としては蒲鉾はいけますから、当然これも良いことはわかります。ただ一味加えたレシピを作っていけるかなと思います。^「おとうふかまぼこを使ったけんちん汁」とかなんとかです。関東炊きにはスグつかえますが、それでは芸がないから・・

 まあ、そのうち何か考えたいですね。
 まだ食べてない方はぜひどうぞ。
author:酒呑仙人見習, category:酒の肴, 23:10
comments(0), trackbacks(0)
鯵寿司をつくろう。
 日本酒が旨い季節が到来しました。かと言って私は年中飲んでいるのでありますよ。ですからお燗が恋しい季節と言い直したほうが正解かもしれない。

 晩酌の肴は黄金に輝くアジ、その名を『ごんあじ』なんでも『おうごん』の ごんからネーミングされた、とっても縁起が良い名前なのであります。一説によりますと『ご』は九州の五島列島で獲れたアジという意味も含んでいるようす。

 しかも驚くことに、長崎県のブランド魚長崎県のブランド魚に認定されているらしいのです。この畏れおおいアジをどう料理しようかといいますと

 この鮮度からいけば刺身と言いたいんですが、それでは芸が無い。ここはいっきに酢で〆て御寿司にしてしまおう。ということです。

 (料理レシピを頂きましたので・・)皆さんの参考のために

   淵▲犬硫爾瓦靴蕕─
   鯵は3枚におろして塩をしっかり振り、30分おき、出てきた水分を拭き取り、
   骨を抜いてからバットに入れて酢をひたひたに入れて15分置き皮を剥く。
   昆布は砂糖を混ぜた酢水に浸して柔らかくしておく。
  
   (酢めし)
   炊き上がったばかりのごはんに寿司酢を回しかけ急速に冷ましながらさっくり
   と混ぜる。

  (,鉢△鮃腓錣擦道転紊押
    ラップを広げて、,虜布の水気を拭いて乗せ、鯵を互い違いに乗せる
    大葉も4枚乗せて寿司飯を棒状に乗せてぐるっと太巻きの要領で巻く。
    そのまま馴染ませる。
 
 ぁ をラップごと切って外し、皿に盛る。・・・・完成

 おい、これだけか?もっとアジのある話はないのか?

 そうおっしゃられてもねえ〜

 ここのところ、残業続きでつかれてまして、ハイ
author:酒呑仙人見習, category:酒の肴, 18:32
comments(0), trackbacks(0)
馬券はあたったのか?馬刺しは最高だったが・・・
 居酒屋で酒を飲むなら肴は馬刺しというわけで、馬刺しを注文、残念ながら本日はタテガミが売り切れでがっかりしたのですが、馬すじの煮込みがあるというので大いに気分をよくして、いつもの酒量をオーバー

 関東というところは馬肉が好きなところですよね。大阪あたりではどうだろう? 馬刺しは少ないように思うのですが・・まあなくはないでしょうけど。

 そうそう馬といえば札幌競馬ステークスの馬券を買わんかといわれて付き合ったのですが、どうなったんだろう?

 個人的には博打は競馬も競輪もボートもやったことがない。ラスベガスではポーカーに嵌ってしまったが、ただ馬が走るのを見るのは嫌いじゃないから友人につきあうことはある。しかし全く関心がない。ルールもこの年になってもさっぱりわからない。

 なんだかんだ言って、馬は走る生き物というより、酒の肴になってしまっている次第です。酒のみとは困った生き物です。馬すじはアキレス腱ですからコリッとした感じが美味しいし、値段もリーズナブルどころか、安いから庶民の味方ですよね。

 日本酒の友としては、馬肉はかかせませんね。「さくら」と呼ぶのも日本酒と合うからなんですかね? みなさんも馬肉でいっぱいいきますか?

 それでは、また

 



 
author:酒呑仙人見習, category:酒の肴, 17:57
comments(0), trackbacks(0)