RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
ラーメン紀行なんてやろうかな。
JUGEMテーマ:日記・一般

せがれが「ラーメンが食べたい」というので、どうせならまだ食べたことがない米沢ラーメンを
ということで急遽東北道をひた走りまして米沢まで

店はかねてから研究しておりました「味噌屋三男坊」へ

朝早く出たにも関わらず、到着したのは何と午後二時をまわっておりましたよ。
運転する脇から「腹が減った」などと騒ぐ女房とせがれを黙らせ、一路三男坊へ

米沢駅から車で15分くらい、お店は以前と変わったようで少し探しましたが、目の前には
ホームセンタ―があって駐車場はかえって広くなったようですね。

味噌ラーメンが売りということなので、私目は焦がしにんにく味噌ラーメンを注文。
トッピングはなると、煮卵、チャーシュウ、シナチクとボリュームたっぷり。

焦がしたにんにくの香りが胃袋を直撃。一気にふうふう言いながら、思わず無言で
ラーメンをすする。お味? うまくないはずがない。

ここから一山こえれば会津は喜多方だそうです。いやあ東北もラーメンが充実しているなあ。


author:酒呑仙人見習, category:, 11:13
comments(0), trackbacks(0)
こんな癒しもありましたね。
JUGEMテーマ:旅行





 ちょっと懐かしい話題です。

 FMの人気深夜番組「ジェットストリーム」のDVDがあるんですね。びっくりです。
 わたし、これが好きでしてね。 ホット癒されるんですね。

 城達也さんの声は落ち着きます。 ご存知ない?
 グレゴリ-ペックの吹き替えや,そうそう若い人には劇場版の銀河鉄道999のナレータ
 がそうっだような覚えがあります。


 大学受験で深夜番組を聞くようになったとき、これを聞かずに眠れないなあと思うこともあったりして・・
 人の心にぐっとくるんですよ。静かで落ち着いた気分にさせられる。

 ところで皆さん飛行機って好きですか?

 わたし、仕事で乗る機会も多いわりに、正直こわいんです。

 『特に離陸の1分間は、 一番墜落のリスクが多い』って聞いたものですから・・ 
 以来エンジンがかかってからはヘッドホンで
 このジェットストリームを聞くのが慣わしです。  











あの懐かしい名曲と映像 ジェットストリームをDVDで・

author:酒呑仙人見習, category:, 10:03
comments(0), trackbacks(0)
海外から帰ると泊まるお宿
 お仕事や旅行でお出かけになる皆さんはどうしてるんだろう?

 海外に出かけるときや、帰ってきたとき、中途半端なというか思いがけないフライト時間の為に成田から家まで遠く感じるときは、思いきってホテルに泊まることにしているんです。

 成田もできたときとは違って航空会社系のホテルだけではなくなりましたね。ディズニーランドのせいも大いにあるでしょうけど。ヒルトンホテルやエクセル東急にポートホテルなど便利さが増している。

 私が常宿にしているのは成田ビューホテルです。使いはじめたのは北米から帰ったときに疲れの極致で、どこでもいいから休みたいということでここが空いていた。ただそれだけだったわけです。

 ですから、その後2、3回利用したときもホテルを堪能するところではない。疲れて
朦朧とした頭でフロントへ、部屋へ、『ぐ〜ぐあ〜』 新聞に目を通しながら朝飯を食べて、慌しく出社といった調子です。・・・

 日本のビジネスマンの皆さん!! わかるでしょ

 だからとにかく寝るためのホテル。

 ところが、あるときホテルのダイニングでエスカルゴを注文した。ああた、ここのエスカルゴはいい。誰が何と言おうと本物です。調理法も適切、ヨーロッパで食べた味と変わらんのですよ。

 読者の皆さん。ここのエスカルゴはぜひやってください。後悔しません。

 ちょっと思いだしたものでね。
 それでは・・・また






成田ビューホテル



JUGEMテーマ:旅行

JUGEMテーマ:ビジネス


author:酒呑仙人見習, category:, 18:16
comments(0), trackbacks(0)
ブラックバスバーガーは結局・・・
 滋賀県立琵琶湖博物館のレストラン「にほのうみ」が数少ないブラックバス料理の本家、いや元祖なのであるらしいのです。

 あ、ありましたよ。噂どおり、「ブラックバスバーガー」これ単品でも買えますが、ソーセージ、ポテト、サラダとドリンクがセットのバスバーガーセット980円(税込み)を注文したのであります。


 お味は?・・・・????

 フィレオフィッシュだよね。これ。まあ食える。
正直、あたりさわりがない。

 ものすごく不味いか。ものすごく旨いを期待していた私としては何気に、フツウ、
大手ハンバーグ屋の白身魚フライと変わらない。

 ということは、これは元があの嫌われ者のブラックバスだけに成功なのか? そう考えるとこれからは揚げ物の材料としてブラックバスは大いに使われていいはずだ。

 もし大手ハンバーガーチェーンがブラックバスを本格的に使えば、この若干高い価格のバーガーもコストダウンしていくだろう。もともと繁殖力の強い魚だけにハンバーグ一個100円を切るのではないだろうか?

 もしかすると、未来の食材としてブラックバスは救世主になるかもしれない。石油が上がれば、食料も上がる。基本原則だ。輸入しない魚にバスは出世するかもしれないぞ。二十年くらい先は。

 それにしてもここの店主も私と同じことを考えているに違いない。
バスのメニュを増やそうとしているらしい。何やらバス天丼880円も開発したようだ。

 しかし博物館のレストランは何でもありの自由な発想が生まれるところらしい。そのうちシーラカンス丼なんていうのもでてきたりするんじゃないか?

 新メニューは博物館で密かに生まれるのだ!?

 

 
author:酒呑仙人見習, category:, 23:28
comments(0), trackbacks(0)
秋になれば紅葉狩りで温泉なんてね
 今わたしはカタログの中に埋まっているのであります。私のささやかな1.5坪ほどの書斎には旅行書が山と積まれている。まあほとんどがJTBやるるぶ、阪急交通社などのものなのですが、こうたくさんあると何を見ていいやら

 暑かった夏も、さすがに朝晩は冷えはじめますと秋ですな。こうなると日本の素晴らしい景色を見に海へ山へ温泉へ行きたくなる。秋は最高の行楽シーズンですから・・行き先はどこへ?北か南か、さりとて予算もあるから近場にするか。
 
 温泉も最近知ったのは本物が少ないということ、知らなければ気にせずに温泉に満足できたんですが、「源泉掛け流しの本物の温泉」が温泉なんだといわれるとそうした温泉を探さねばならない気がしてくる。

 温泉教授の松田さん。あなたのせいですよ。さらにたいへんでかつ嬉しいのが夜のお食事であります。温泉宿はやはり料理で決まる。パンフレット眺めてますと、みなおいしく見えてくる。

 でも旅館やホテルの皆さん!!気をつけてください。

 私なぞは品数から料理の中身までチェックして、なおかつそのパンフまで持参していくのですぞ。何軒か羊頭狗肉、似ても似つかぬ内容、詐欺だ金返せと叫びたくなるお宿があるのですよ。

 皆さんもご経験あるでしょ。ネット世界ではそんな悪口や評価がころがってますから良心的なお宿、心のこもったおもてなし(どんど晴れだね。)を求めて、日夜研究しているのであります。

 それで今晩はその心のこもってそうなお宿の候補をリストアップしようかな?
 皆さんもいいお宿ございましたら教えてくださいね。

 

author:酒呑仙人見習, category:, 19:19
comments(0), trackbacks(0)
長井秀和さん。ご同情申し上げますです。
何気に夕刊フジに「間違い。ない」のあの長井秀和さんが、美人局にあったらしいですね。美人局?昔これ読めませんでしたね。まじめでしたから(汗)。でもまあ(つつもたせ)などとという古典的な詐欺によくあいましたね〜。

 フィリピンでですか?ふ〜ん1100万円とはまたすごいですね。「悪い女と付き合って1000万かかったよ」てな話はよく聞くんですが、美人局で1100万はすごいな。きっと新記録ですよ。長井さん。「う〜ん 間違い・・ない・・

 長井さんじゃありませんが、恥をお話しますとね。私もフィリピーナから国際電話がかかってきたことがあるんですよね。しかもその電話を嫁が受け取るという最低の結末でね。

 「お兄様、フィリピンの彼女からお電話よ。」

 「ああ〜。嫌だなあ〜。フィリピンの得意先のジョークだよ。」

 「どおせ、私は妹ですから・・・・」 

 「誤解だよ。君の誤解。」

 

 ここから先は・・・そりゃあ、あなた。女が怖くなってしまいますですよ。ハイ

 一応『無実』なんですよ。皆さん信じてくださいね。ホントですってば。
 
 もう〜男は、、すぐなんだから、、ダメですよ・・・

author:酒呑仙人見習, category:, 09:49
comments(0), trackbacks(0)
旅にでたくなったぞ〜海外へ 
 今週は甥が遊びにきていた。遊びにというよりは、海外に行った帰りの宿を我が家でということらしい。彼に会うのも久しぶりなので話にも花が咲く。ロスアンゼルスの大学に短期留学ということだったが予定より長く滞在していたようだ。

 土産はアメリカ人なみだな。カリフォルニアワインが2本。別に悪気はない。そんなものだ。彼も学生なのだから。今の子供たちは幸せだよね。アメリカが私たちの時ほど遠くない。たしか学生のころサンフランシスコまで片道30万円くらいだった覚えがする。

 当然に海外旅行なんて夢のまた夢だった。社会人になって初めて海外出張を命ぜられたときは正直嬉しくて、そして不安だったのを覚えている。でもその後何年かたって海外赴任を言い渡されたときは、随分と思い悩んだ。なぜなら女房の腹には息子がいたから・・

 私はカリフォルニアワインが好きだ。飲むたびに空を思い出す。あの空の青さは憧れだ。サンタモニカプレスからベニスビーチにかけてはのんびり過ごした記憶があって、ここに来てよかったと思える場所だった。

 ワインを飲むといろいろな思いがつぎつぎと

 来年はロスに行きたいなあ〜 

 
author:酒呑仙人見習, category:, 09:59
comments(0), trackbacks(0)
まんぷく太郎で満腹です。大満足
 台風9号が来てるなか、名古屋に無事ついた私、仕事もこんな嵐の中なので取引先にご挨拶まわりだけ、そこそこに済ませて、いざ『まんぷく太郎』へご出陣であります。名古屋も多少は慣れた土地になりつつある。

 二・三十年前は地下鉄の路線もわからず、名城線を行ったり来たりしていたものだ。挙句の果てに地名もよくわからないから

「すみません。この『おうつわどころ』ってどこでしょうか?」

「はああ〜?おうつわどころ?」

「ここなんですが」と住所の書かれた書類を見せる

「あんた、これ『おうつわどころ』でないぎゃあ、ごきそだぎゃあ〜」

 ※さきほどからのぎゃあ〜は叫び声ではありません。名古屋ですので、ご理解のうえお読みください。

 ちなみに『ごきそ』は『御器所』と書きます。( 念のために東海地方以外の方へ )
土地の名前とは難しいですよね。そうそう人名だって楽ではありません。昔のご近所に御手洗さんという方がおりました。

 引越しした当初、家内とご挨拶に伺ったおり、「おてあらいさん」と呼んで、大恥をかいた覚えがあります。家人のおばあさまは「はじめての方は皆さん間違えますから、気になさらないでください。私だって嫁にきたときは間違えたのですから。ほほほ」

 と、軽く受け流してくださる素敵な方だったので救われた覚えがあります。さすがに『みたらし』さんとは読めませんでした。国語や歴史の勉強は大切ですね。

 そうしたこともありましたが、今では名古屋は好きな土地になりました。食べ物もおいしい。信長さんや、家康さんも、秀吉さんも皆名古屋ですからね。そうだ、私がはじめて覚えた名古屋弁は・・・みゃーるどせぶんだぎゃあ です。

 20代の頃、名古屋でタバコ屋さんに行くたびに

「みゃーるどせぶん」っておもしろがって言っていたのを思い出しました。
でも、今これやると、変な目で見られるから注意です。名古屋の若い人も外では標準語がほとんどで地元の言葉はつかわない。

 考えてみたら自分だって、「福井弁」は極力おさえるようなった。とくに関東ではね。例えば、年寄りにはぜったい言ってはいけない福井弁がある。

 「はよ、しね」これはまずいでしょ。でも本当の意味は「はやくしてね」の意味です。
結婚する前、これ使って女房に誤解されたことがあって・・冷や汗です。ハイ
だいぶ忘れてしまった方言ですが、お国の言葉はいいですよね。

 ほやの〜。ほうじゃあ。ほうじゃ

 まんぷく太郎の話はまた次回・・


 
author:酒呑仙人見習, category:, 12:13
comments(0), trackbacks(0)
出張ー名古屋で何を食べようか?
 急に名古屋に行くことが決まった。たぶん日帰りだから、どうということもないのだが少しは美味いものを腹に入れてかえりたいのが人情というもの。実家が東海市というA君に「最近、おもしろいとこない?」と聞いたら

 「『まんぷく太郎』なんてどうです。腹いっぱい食えますよ」という返事、美味いものとまんぷくとは違うだろうと思いつつ興味もあるから、「和食?洋食?」と聞き返すと、「そうですねえ。何でもありますよ。寿司、焼肉、そば、うどん etc」

 これほど名古屋らしいといって、ふさわしいものはないようなお店だな。だいたい名古屋の人には叱られるが、喫茶店がレストラン並みのメニューを揃えているところも名古屋では珍しくない。招待されて行ったのが喫茶店だったこともある。

 はじめは驚いたが、慣れればけっこう便利だから、名古屋で昼飯を食うときは地元の人よろしく喫茶店ですますことにしている。『まんぷく太郎』はもともとは焼肉屋だったらしいが回転寿司もあるんだそうだ。なんかおもしろそう。

 なんでも焼肉としゃぶしゃぶが同時に出来る鍋がでてくるらしい。この鍋があれば、焼肉を焼きながら、しゃぶしゃぶが楽しめるというとなのだ。バイキングスタイルになっているのでメニューから、食べたい物を好きなだけ食べても料金は二千円でおつりがくるそうだ。

 「焼肉としゃぶしゃぶができる鍋」う〜んこれは大いに興味がある。シンガポールのスチームボードのようなものなのか?それとも全く見たこともない鍋なのか。これはやはり行かねばならない。

 もう正直、量は食べれないのだが、食にも慣性の法則があるようで、気持ちだけは20代が抜けない。だからバイキングやバフェのようなダイニング形式は好感度が高い。そして庶民的というか、食の自由開放宣言のようなこの形式は絶対に支持するのだ。

 数年前のラスベガスで、5ドルだけ払ってかなり上質のローストビーフを腹一杯食べたことがあった。しかもでかいチョコケーキをさらに5つデザートにしてしまった。傍にいた白人夫婦が「日本人にしては食べますね」みたいなことを言っていた。

 ラスベガスはギャンブルがあるからあの値段で出せるのだろうが、日本でこれだけ食べられたら、きっと店は倒産するな。でも食べたい物を好きなだけというお店は増え続けることを期待する。

 さて『まんぷく太郎』ね。まてよ太郎?太郎ね。ああ、以前に『スタミナ太郎』ってのに寄ってきたことがあったな。同じ系列か?疑問は残るが、行ってからのお楽しみだ。

 では、みなさん。またね。

 
author:酒呑仙人見習, category:, 11:35
comments(0), trackbacks(0)
出張グルメー会社には内緒?
 出張族のみなさん。出張楽しんでます? 

 若い頃は安いビジネスホテルで寝れればいいやくらいの感覚だったんですが、多少、年齢もいけば無理がきかない身体になっていく。だから寝れればいいやといったホテル選びでは出張日数が長いときには病気になってしまうのだ。

 そこで、ビジネスホテルから都市型シティホテルへ40代を過ぎてからであったが切り替えた。会社には当初、差額は自腹を切ったが、おかげで身体も心もリラックスできて快適である。次の改革は食事だ。たいがい取引先や会社の人間と夕食をともにするのだが

 出張で同じ会社の人間と飲むのはかなり親しくない限りは、まるで官官接待のようなもので肩が凝る。これは差し障りなくお断りするようにしてみた。するとこれも精神衛生上ホント楽になった。しかも接待する方にも実はお荷物なのを私は知っているから

 向こうさんも安らかな気分でいることだろう。さて、そうすると食事は一人でとらねばならない。今はこれが一番の楽しみなのだ。ビジネスではなく都市型ホテルにする理由もここにある。料理自慢のシェフ達がホテルには常勤していますからね。

 ホテルにいながら十分に堪能できるのでありますよ。しかもワインは選ぶのにこと欠かないのであります。ホテルの中にはスパやプール付のところもあるから、はじめから予約すれば最高な環境ができあがるのであります。

 ホテルを利用する楽しみを知ったのは最近のこと。
今の若い出張族のみなさん! いい仕事をするにも心のゆとりからですね。

 結論として出張の出費も減ってしまったのにフランス料理食べて、夜もぐっすり
 眠れているという・・・・

 う〜ん最高です。

 
author:酒呑仙人見習, category:, 12:35
comments(0), trackbacks(0)