RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
美味い焼酎の飲み方はぬる燗
 いまや勢力となりつつある焼酎。

 あなたは芋派、麦派

 聞くところによると東京の居酒屋界では、芋派が七割とか、このままでいくと二八蕎麦よろしく八割ちかくいきそうだ。(なんのことやねん?・・気にせんでええよ)

 最近は寒くなってきたんで、日本酒同様、麦焼酎をぬる燗でやってみましたら、これがいけるいける。美味いじゃないですか。 夏に焼酎サーバーを購入したので焼酎も気になるお酒になってしまいました。週一でやってます。

 いまは修行の身ですから、何でも試していますのです。昨晩は韓国焼酎(韓国の方から頂いた/説教したにもかかわらず)で4、5杯いってしまいました。「月曜日からなんですか。」と奥方にたしなめられながらも、ついつい・・・

 肴は日曜日につくったブリ大根だったんですが、素朴な素材が一番気楽。ウマい。
みなさんも焼酎にブリ大根いかがでしょう。韓国もいい国ですよ。
いろいろありますが、人情もアジアですからね。

 知人の娘さんが韓国にお嫁に行って、もう10年になる。すっかり向うの『オカミサン』って感じで漬けたキムチを毎年いただいているのです。結婚式のときは、他人ごとながら、何時までもつか?などと

 テレビのコメンテータのような批評しかしてなかったんですが、すっかり受け入れられたのは素晴らしいことです。彼女のように両国が友好的になることは大事ですよね。

 
 ところで、焼酎お湯割りがいいかもしれませんね。
日曜日に前割りで、水で6:4でわっていたんですが、味が素直になった感じで舌になじみやすくなります。

 それを人肌より少しあたたかめの40〜43度まであたためる。日本酒の基礎が生きてくる。これって正式かどうかは不明ですが、一番焼酎がうまくなる気がするんですがどうでしょう。

 ぜひ、ご意見くださいね。




author:酒呑仙人見習, category:お酒類, 08:46
comments(0), trackbacks(0)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 08:46
-, -
Comment









Trackback
url: http://goldthank.jugem.jp/trackback/297