RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
ミシュラン、身、酒乱の話
 久しぶりの投稿ですが、私が酔い潰れている間も世間様は忙しく動いておるわけでして、ミシュランの東京の格付けがあったようですね。私は海外歩くときはけっこう参考にしますが東京ではやめて欲しかったんですよね。

 だいたい星を気にする料理人が出てくるようになると、星を意識した料理が増えてくる。だいたい日本人の文化などはどんぶりに何でもてんこ盛りしたりするところがいいんじゃないですか? 

 どんぶり文化と言われようが誇りを持ってますよ。あたしは・・ 

 フランス料理やイタリア料理、中華料理や伝統懐石料理ばかりが日本の料理じゃない。そうでないところにも美味い料理があるのがこの国の伝統と文化なのだ。タイヤ屋の、しかもフランス人が口を出す範疇ではな〜い。

 とまあ、騒いでみたくなるのであります。ミシュランの基準で、私は料理を評したくはないな。だいたい誰彼の好みを押し付けられるのは大嫌いである。

 それに料理人の皆さんは大ホテルのシェフだろうが、近所の居酒屋の親父だろうが一生懸命なんですよ。お客の舌満足させるに。そう考えれば外国人に日本人の舌の繊細さがわかるものかという気持ちが強い。

 評価しなければならないなら、日本人みずからが、格付けをつけるべきだと思うのである。たとえば星などではなく1桜とか2桜とか桜で表示するのだ。梅はお隣中国がホテルの格付けなどに使っているから桜がいいと思うのだが・・・

 さらに一流店などといわず。ジャンル関係なく美味い店を徹底的に探すのだ。たこ焼き、お好み焼きは言うにおよばず、うなぎ屋や泥鰌屋も星、いや桜をつけるのだ。「うちのたこ焼きは3桜だっせ」などとマスコミの寵児もでてくるかもしれないな

 こうなるとウザイから権威などない格付けにするのだ。格付けから外されたところには「今回は残念ながら落選です」とは言わずに「桜散る」などの電報を出す配慮があってもいい。しかし桜がついたお店は今度はコラボレーションを始めるかもしれない。

 名づけて、「同期の桜」

 まあ、選ばれたお店は名誉なんだろうけど、世間で評価され、有名店になった店ほど堕落するケースも多いから、胡坐かかんように頼みます。もともとB級・C級グルメを地でいく私としては、星づけされた店には興味がなくなる。

 開拓者を自認するわたしはミシュランとは違う道をいくのだ。どうだ参ったかミシュラン。日本人は甘くないぞ。ミシュラン。

 まあ、ミシュランをぼろくそに言いましたが。私も実はミシュランなんですよ。
「身、酒乱(ミシュラン」なんちゃって。

 お後がよろしいようで・・・・


 追伸:NHKのちりとてちん。おもしろいでんな。はまってます。
JUGEMテーマ:グルメ


author:酒呑仙人見習, category:料理, 11:47
comments(0), trackbacks(0)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 11:47
-, -
Comment









Trackback
url: http://goldthank.jugem.jp/trackback/313