google-site-verification=3MkTiC7xRdWDdDzBwrh8xUFdw_vkDef1sm4T5wc1EjU
RSS | ATOM | SEARCH
お酒はみんな生きている。おいらもお酒で生きている

 JUGEMテーマ:家庭

このブログはお急ぎでないときに
軽〜い気持ちでお読みいただけると幸いです

 

お酒は米と米麹、そして水できている。

おいらも水でできている


日本人にとって、日本酒にとって
大切なもの
それは水であります。

 

皆さんは毎日、口にする水。どうされてますか。
最近、水道から直接飲まれる方
減りましたね。

 

我が家ごときものであっても
生意気に水を購入しています。

現代は水を購入するのが当たり前のご時世。


水道水も子供のころはがぶがぶ飲んで
いたんですがね。

 

今はダメですか?

 

カミさんによると塩素が云々という。

云々とはカルキで水が不味い
とか発癌性物質のトリハロメタン
などという聞き慣れない用語がでてくるわけです。


畏れおおくも陛下も水の研究をされているとか

 

日本人は古代より水の恩恵に与ってきましたが
外国に行きますと、たいへんな水を飲まれている方々
も多いことに気がつきます。

 

他山の石と思っていた水も、これからは心してかからねば
水が飲めなくなる日もくるのでは
と思っているわけです。

 

そして、我々が飲んでいる水の中でも
特別、旨い水でないと、出来ないのがお酒です。
このことは日本酒に限らず洋酒でも同様です。

 

つまり、水が日本酒と酒の文化のかなめ

 

そこで、明日からは水について考えるであります。

 

 

合掌

 

 

 

author:酒呑仙人見習, category:酒呑仙人 物申す, 17:34
comments(0), trackbacks(0)
Comment









Trackback
url: http://romantic-sake.com/trackback/408